左利き


https://www.facebook.com/index.php

もう2年前のニュースとなってしまいましたが、興味深い発表
がありました。これ又唐突ですが、アフリカ・ネタが乏しい
のでここでちょっと、もろ引用させて頂きます・・・。

一般的には、左利きの人には失読症、統合失調症、注意欠陥・
多動性障害(ADHD)など、脳の発達に関連した障害が多いと
されています。

又妊娠中に、普通には無い、高いストレスを受けた母親の場合
左利きの子供が生まれる確率が高くなるそうです。

更に、各種調査の結果では、右利きと左利きの平均的な知能
指数(IQ)にも大きな差はないと・・・。

ただ、創造性の要素とされる発散的思考、つまり既存の知識を
新たな概念に発展させる能力については、左利きの方が高い事
を示す証拠もあるそうです。

又、ハーバード大学が最近大量の所得データベースを分析した
ところ、左利きの人は右利きの人に比べ、給与が平均10%程度
少なかったが、それまでの調査では、結果はまちまちとなって
いると・・・。

精神疾患や発達障害に関しても、左利きの人はより高いリスク
を抱えているようです。

昨年、即ち2012年に発表されたフィンランドの子供8000人弱
対象の調査では、左利きよりもむしろ両利きの方がADHDの
症状との関連が強い事を発見したそうです。

小さい頃から左手や、両手使いの人には妙に器用な印象で、
憧れにも似た気持ちを持ち合わせていましたので、ちょっと
不思議な感じでした・・・。

昔の日本では必死になって親が左手使いをなくそうとしていた
ので、むしろそんな行為が、子供に神経質で身体にも色々な
症状を引き起こした可能性もあるのでは・・・と思ってしまい
ました。

写真はハイエナの赤ちゃん。大人になると忌み嫌われる彼等も
子供時代はとっても愛くるしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です