ケニアの消防車


 

https://www.facebook.com/index.php

東部アフリカでは実際火事で民家なりが燃えているところを見た
事はないので、実際消防車がどんなものかは、消防署の車庫で
並んでいる消防車以外は知りませんでした。

このケニアの小回りの効く小さな消防車って、中々良いアイディア
ではないでしょうか?

ただ実際、活動力はどの程度なのでしょうね? 消化に水力とか
十分活躍出来るのでしょうか?

でも日本の家屋密集地帯には持って来いでは??

ところがです、馬鹿らしい事に道路交通法とか道路運送車両法
が邪魔して法的に公道を走れないんだそうです。

日本の融通の効かない法律が・・・。それより被害を食い止めた
方が余程適っているかと思いますよね。

写真は、本当にグッスリ眠っているタランギレ国立公園のヒョウ。
鼻の穴まで・・・、無防備そのものです。この後、暫らくしてから
やっとアクビをして起き上がり、向きを変えたりして、我々をじっ
と眺めていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です