今日はたっくさんお知らせしたいニュースが!


 

https://www.facebook.com/index.php

先ずコスタリカから行きましょう。来年のツアーへ向けて、じっくり、
コルコバード国立公園の口コミを再度、読み漁りました。今年の
6月から12月まで宿泊された世界各国のお客さん87件です。

もっとも最近口コミの正誤性が問われていますので、100%信用
は難しいかもしれませんが・・・。

皆さん並べて、地の利を絶賛されていました。それはやはり国立
公園の中に宿泊する事の最大のメリットでしょう。

1日中、野鳥を含めて野生動物が徘徊する素晴らしさ、ガイドを
含めて、スタッフのサービスの良さを上げていました。ただ唯一
気になったのは、食事がぬるく不味いと1件報告が有りました。

これは由々しき事ですが、これ1件のみでした。確かに池田が
訪問した時も、公園の外のロッヂではありましたが、食事は今一
でしたね~。見かけは素晴らしい飾り付け・盛り付けなんですが。

こればっかりは、その国の味付けが関わって来ますから、何と
か日本の調味料とかを持参して?対処するしかありませんね。

南部アフリカでも、マレーシアやミャンマー、インドネシアでも
不味いものは徹底して不味いですから・・・(笑)。

ちょっと話が逸れてしまいますが、トルコやスペイン、メキシコ
何かも美味しいと思います。東部アフリカでさえ、今や素晴らしい
味付けが供されるのに・・・。

それと最重要な事は、見た生物達の豊富さです。ラッキーな方
は、サルの種類はホエザル、クモザル他全種類、鳥達も有名
どころは全部と豪語し、且つイルカやクジラまで見たと・・・。
それに何とピューマまで見たとありました!

驚きですよね。ピューマって???池田は北アメリカのみに棲息
しているのとばかり思っていました。勉強不足でした。

ジャガーはコスタリカでは最高に困難と知っていますが、ピューマ
がロッヂに居ながらにして見れるなんて・・・!絶句でした。

何か今からドキドキして来ました。それにしても余りに巷のツアー
は単なる観光にしか見えないので、凝り過ぎてしまったでしょうか?
国立公園の中で宿泊且つ4連泊も公園をサファリという拘りで
旅行代金が思いの外かなり高額になってしまったのが唯一の
気掛かりです。

でも期待大です!!!

写真はお洒落なロッヂの調理場と庭に常駐しているハチ鳥。
下記が投稿写真のピューマ !?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です