続 サファリ中の厄介な事柄の補足


 

https://www.facebook.com/index.php

先々回、記しましたサファリの厄介者、ツエツエ蝿の続きです。

セレンゲティ国立公園の中でもツエツエ蝿通りがあります(笑)。

ドライバーも大嫌いですから、勿論そんなところを敢えて通過
しようとはしませんが、止むを得ずそこを通過する場合は、出来
る限り、以下のように防御しましょう。

黒や紺色の物は一切身に付けない。勿論出来ればカバンや
デー・バック等も然りです。

トランク・ルームに潜り込んだ連中は、荷物にくっついて、ロッヂ
のお部屋の中にまで来てしまいます・・・。

車の窓は大きく開けて、空気の流通が良くなるようにしましょう。
勿論既に中に入ってしまった場合です。まだ車内に入って来て
いない場合は、無論しっかり窓等を閉じて下さい。

最後に、彼らのいそうな場所ですが、通過せざるを得ない場所
では、ドライバーや添乗員からも注意があるでしょうけど、太陽
が登って暖かくなり、夕方5時頃の間で、ヌー等が沢山いて近く
に川があるような場所です。

ドライバーや添乗員が気が付かない場合(汗)は、羽音やガラス
窓とかに止まる気配でもお分かり頂けるでしょう。

写真はヒョウの赤ちゃん。こんな貴重な赤ちゃんの写真は中々
撮れません・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です