ザンビアの通貨切り下げ


https://www.facebook.com/index.php

東部アフリカの中で、銅の生産で有名なザンビアは、ジンバブエとの
国境を堺にして、世界3大瀑布の1っ、ヴィクトリア・フォールズも観光
資源として有名です。

かって通貨破綻を期して、やっと落ち着いたかと思いきや、又もや
通貨切り下げが、来2013年1月1日から実施されるとの事。

しかも何と1000クワッチャが1クワッチャになるという。又新旧通貨
併用期間は6月30日までなので、混乱を招きそうですね。

昔、タンザニアが何回切り下げていたか、その度に新札が出回り、
手持ちの旧紙幣が大量に没になる悲しさ・・・!

それでも昨今のタンザニアは、海外の支援の元に大分落ち着いて
います。むしろこれからの経済発展が期待されます・・・。

まだ経済的に異常事態にある近隣国のジンバブエも然り、アフリカ
は又更なる難しい局面を迎えているのでしょう。

写真は、象がロッヂのレセプションにまで入り込む事で有名で、
皆さんの行きたい、見たいという希望を勝ち得たザンビアのとある
国立公園内のロッヂ風景。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です