酔っ払う動物や鳥達


https://www.facebook.com/index.php

良くアフリカで野生のイチジク ( Fig Tree ) やアマルーラの実を
食べて、象やバブーンが酔っ払うという事を見聞きしますが、
今回は英国で酔っ払い飛行で大量の鳥が怪我や死亡したとの
記事がありました。

英国の獣医学誌「ベタリナリー・レコード(Veterinary Record)」
で発表されたものです。

その鳥を解剖した結果、発酵した果実を食べたために酔っ払って、
衝突・墜落した事が死因とみられる事が分かったそうです。

そして唯一生き残った1羽が、二日酔いから完全に回復した後、
野生へと戻されたそうです。

海岸地方のサファリでは、椰子の木の幹をゆさぶって象がその
実を食べているのが観察されたり、サバンナでFIGの木に登って
バブーンが一生懸命その実を食べていたり、南部アフリカに多い、
アマルーラの木の実を頬張っている象やキリン等の光景も良く
目にします。

食べ過ぎてしまうというのは、人間と同じようにある意味一時の
アルコール依存症になってしまっているのでしょうか?それとも
餌が少な過ぎてなのでしょうか・・・?

写真は、一度道祖神のFBでも掲載しましたが、どうもこのキリン
の彼女が、目を細めてしゃぶっているのは、ソーセージ・トゥリー
の実ではなく、アマルーラの実ではと疑問に思っています。と言う
のも、この近辺に大きなソーセージ・トゥリーの木があったので
何のためらいも疑問もなく決めつけてしまったようで、済みません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です