お客様の本の紹介


https://www.facebook.com/index.php

数回ボツワナやケニア等にご一緒したお客様が昨年出された本
を頂きましたので、ご紹介致します。写真集等もお出しになって
いらっしゃるようですのでそちらもご参照下さい。

話は変わりますが、現在、動物・鳥の写真はwebでも沢山見られ
ます。でもその動物名はかなり可笑しい、怪しいという写真が沢山
あります。

詳しく哺乳類図鑑等で調べないと、そのまま鵜呑みはかなり危険
な感じですね。

ま~今更、ヒョウとチーターの区別をと思いますが、webでは明ら
かに、杜撰な名称が添えられている事が・・・。

流石、鳥の名前に関しては間違いは余り目にしないようですが、
それだけ知識人口が少ないからでしょうか?

良く、知らない鳥等の名前を調べるには、写真集は不適当、絵画
が良いと言われますが、確かにその通りです.

写真集が適さない理由は、光線の影響で実際に見ている色と
異なる場合が多いからですが、絵画にしても、翼の下まで絵に
している本は少ないので、微妙です。

東部アフリカでも沢山の鳥の本が出ていますが、図を扱っている
本の中でも、どれを選択すべきか迷います。

又和名が分からず、大変苦労しますが、同じ鳥でも東部アフリカ
と南部アフリカでも異なるのは、鬱陶しいですね。現地語ならいざ
知らずって思いますが・・・。如何でしょう?

写真は頂いたお客様の本の表紙です・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です