マダガスカルとヤシの木


https://www.facebook.com/index.php

インドで開かれたCOP11(生物多様性条約締約国会議)で、
マダガスカルの椰子の木は192種は全て固有種。ただデータ
の揃った179種の内149種が絶滅危惧種だと分かったそうな。
又その内、高さ18mもある「タヒナヤシ」は、野生で30本しか
見付からなかったそうです。

薪や開墾のために伐採され尽くしているマダガスカルの森林
の今後はとても厳しい状況のようですね。

一時むき出しになった大地へ簡単に生育するユーカリを植え
て何処も彼処もユーカリが生えていましたが、今はその生育
は早く薪への有効性は高いが、植生や自然環境には適さな
いと中断・中止したのではないだろうか?

ところが以前、駐タンザニア大使とのお話しで、タンザニア
にもユーカリを植林すると仰っていたのは、ガッカリでした。

写真はハタオリドリ。健気にこんなに細かく織った巣を作り
ます。でも織る素材があればですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です