セレンゲティ国立公園の新設看板類とゴミ


https://www.facebook.com/index.php

年々イエ月毎に、セレンゲティ国立公園内の整備が特に進んで
いるようです。毎回セレンゲティへ行く度に、驚く点が幾つもあり
ます。

特にナービ・ヒルにあるビュー・ポイントや講演規則看板、更には、
お手洗い等は最たるものです。

水場と椅子があるので、良くビジターズ・センターでランチBOXを
食べますが、食事が終わった後捨てざるを得ない、立派なダン
ボール箱、プラスティックのスプーンやフォーク等、そして食べ物
を包む袋等、使い捨てにするのは大変勿体無いものばかりで、
心が痛みます。

それをゴミ箱に片付けますが、事務所の係官もブツブツ言って
ました。確かに毎回残す膨大な量の中身も毎回では、受け取る
彼らも有難味は軽減するでしょう・・・。

そこへ行くと、ある程度のクラスのロッヂになると、お皿からナ
イフ、フォーク、ポットまで持参で、ロッヂで食べるホット・ランチ
の簡略版的な物を用意してくれます。

最初は豪勢だな~と思っていましたが、最近はむしろ、これが
当たり前で、自然環境にも良いし、推進すべきと思うようになり
ました。

勿論気にしなければいけない点は、サファリ中にお皿等が壊れ
ない様にしなければならない事、食後の片付けもその仕舞い方
に気を使う事になります。

それらは午後の炎天下の暑さの中でサファリする事を考えれば、
むしろ、たっぷりと食後の休息を兼ねて時間を取って片付ける
事で、何の遜色もなく、むしろ素晴らしい事と感じるようになりま
した・・・。

今後は出来る限り推奨して行きたいと思います・・・。

写真はセレンゲティの公園規則とビュー・ポイントの看板。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です