カラトゥでの楽しみ


https://www.facebook.com/index.php

タンザニア、アルーシャからマニャラ湖とグレート・リフト・バレー
を通り抜けて、ンゴロンゴロへ向かう途中のカラトゥと言う村に、
某自然ファーム(客室も有り)で、昼食前のお庭散策で教えて
貰った、アーティチョークです。正にアザミのお化けですね~。

自然有機栽培で育てた野菜食が多いのですが、コーヒーや肉
料理、デザート等も、綺麗にガーデニングされたお庭と鳥達を
見ながらのお食事で、楽しみでした。

最近は南ア資本攻勢で、更に2つばかり同じような感じ(むしろ
より豪勢)の新しい農園兼宿泊設備が出来ていました。

どんどん物価も上がり、付帯設備もサービスの質も良くなって
行くタンザニア、余りにも完璧になってしまうと、生き苦しく、逆
に、以前の素朴で朴訥で、人懐っこい何か抜けている?(失礼)
サービスが妙に懐かしくなるこの頃です。

写真はそのアーティチョークの葉っぱと花。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です