ヌーのお話・・・。


https://www.facebook.com/index.php

道祖神の9月1日のアフリカ・カルチャー講座でナチュラリスト
の加藤直邦氏が講演をして下さいました。

ケニアのマサイ・マラからの情報発信なので、タンザニア側の
情報がないのは、ちょっと物足りなかったのですが、色々貴重
なお話をお聞き出来ました。ありがとうございました。、

その中でも特に印象深かったのは、日頃からハンティングを
しないと言われているマサイ人がエランドを狩り、美味だと食し
ているとの事実がある事はショッキングなお話でした。

又、ヌーの移動が始まった次期が、つい最近(?1986年以降)
の出来事だった事、タンザニアでの密猟等、頭の痛い話も
出ました。

確かに川渡り一辺倒の話題は1985年以前はなかったかと・・・。

国境閉鎖による、レンジャーの見張りパトロールの軽減により
引き起こされた密猟、マサイ・マラでの焼き畑により、草地の
増加による、ヌーの異常増加等。面白く拝聴させて頂きました。

来週から、タンザニアへ向かいますので、又新しい情報を仕入
れてきたいと思います。

写真はヌーの所謂川渡り風景その1です。渡るか否か戸惑っ
ている彼らの足元には、累々と同類の骸が・・・。
ハゲワシの数も、見る間に土手一面に広がりどんどん増えて
いきました・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です