ケニアの銀行がサイバー攻撃を受けた?


https://www.facebook.com/index.php

ケニアではキャッシングを始めモバイル・マネー・サービスが進んで
います。

今年6月までの18ヶ月間で東アフリカの銀行全体では約38億円弱)
をサイバー犯罪者による詐欺で失っているとか・・・。

東アフリカの銀行の中でも、そのサービスの拡大が進むケニアでの
被害が圧倒的に大きく、ケニア国内のセキュリティの不備をついて、
クレジットカードの情報を不正入手するケースも多く、このままでは
商業銀行が受ける被害は毎年3600万ドル(約28億1500万円)に
登るとしています。

IT産業発展が突出したケニアでは、この産業が経済成長を支えて
いる反面、早急にネットワーク・セキュリティの抜本的な整備を行わ
なければ、サイバー犯罪によって経済全体に悪影響を及ぼす恐れ
があるとの事でした。

しかし今や固定電話は所持していなくとも、携帯所持者は圧倒的で、
モバイル(ネット)・バンキングも可能になった今、起き得るべくして
起きている犯罪でしょう。怖いです・・・。

写真はアフリカでは良く見掛ける  wholesalebanking.standardchartered.com 銀行の
展開都市です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です