タンザニア、渋滞解決のために鉄道をリニューアル予定


https://www.facebook.com/index.php

何処の国でも渋滞は悩みの種ですが、ケニア、ナイロビは今まだ
絶好調で市内が渋滞してます。

お隣のタンザニアでも然り、特に以前首都の機能を果たしている
かのダル・エス・サラーム(1996年2月の遷都以来ドドマが首都)も
同じように大渋滞が続きます。

そこでタンザニア政府は、今年の終わりまでに、47億タンザニア・
シリング(約2億円)を費やし、ダルエスサラームのウブンゴから
ステシェニに及ぶ12km区間、6駅増加のリニューアルを行う事を
明らかにしたそうです。

道路の整備事情も悪く、大雨で道路に水が溢れ返り、人も車も
通り抜けられない部分も出現する状況なので、鉄道以外にも道路
も早く整備して貰いたいものです。

ケニア、マサイ・マラ国立保護区への道はかなり悪路で有名です
が、殆どが観光客の利用ですので、むしろダル・エス・サラームの
交通渋滞は日常生活者にとっての重大事項と思います・・・。

写真はタザラ鉄道の駅風景。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タンザニア、渋滞解決のために鉄道をリニューアル予定


https://www.facebook.com/index.php

何処の国でも渋滞は悩みの種ですが、ケニア、ナイロビは今まだ
絶好調で市内が渋滞してます。

お隣のタンザニアでも然り、特に以前首都の機能を果たしている
かのダル・エス・サラーム(1996年2月の遷都以来ドドマが首都)も
同じように大渋滞が続きます。

そこでタンザニア政府は、今年の終わりまでに、47億タンザニア・
シリング(約2億円)を費やし、ダルエスサラームのウブンゴから
ステシェニに及ぶ12km区間、6駅増加のリニューアルを行う事を
明らかにしたそうです。

道路の整備事情も悪く、大雨で道路に水が溢れ返り、人も車も
通り抜けられない部分も出現する状況なので、鉄道以外にも道路
も早く整備して貰いたいものです。

ケニア、マサイ・マラ国立保護区への道はかなり悪路で有名です
が、殆どが観光客の利用ですので、むしろダル・エス・サラームの
交通渋滞は日常生活者にとっての重大事項と思います・・・。

写真はタザラ鉄道の駅風景。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です