ナイト・サファリに関して


https://www.facebook.com/index.php

サファリ(又はゲーム・ドライブ)は車で行うのがメインですが、
場所によっては、ボートや徒歩又は、エンジンなしのモコロ
(人力で漕ぐ木舟)やナイト・サファリを行う事も可能です。

国立公園内は、特定場所以外では人間が車から降りる事は
許されておりません。又、夜間も許可無くしては不可能です。
ですので、公園外や動物保護区等の場合はナイト・サファリ
が出来ますとか、徒歩サファリが出来ますとか、むしろそれを
売り物にしています。

徒歩サファリは公園外で実施ですが、バード・ウォッチングは
大抵宿泊先の敷地内で行います。

ナイト・サファリも公園外です。

毎年9月恒例のツアー、”壮大なタンザニア・サファリ12日間”
ではタランギレ国立公園でこのナイト・サファリを行います。

ナイト・サファリは、時に凄くスリリングです。

暗いので、当然道が分かりません、方角も中々定める事が
難しい中、動物を一頻り追いかけて、あらぬ方向に進みます
が、流石ロッヂのベテラン、トラッカーやドライバー、的確に
車を進め、ロッヂに戻って来ます。

夜間は、アフリカならではの急激な温度減少が見られ、時に
寒くて凍えそうになります。勿論、ロッヂによっては毛布や
防寒ポンチョ等を用意していてくれますが・・・。

道々、草食動物の目が光り、夜行性の小動物達が動き回リ
出します。

希少なネコ科のワイルド・キャットや夜行性のジーネット、
サーバル・キャットや飛びウサギ、ブッシュ・ベイビー等楽しみ
です。

夜鷹やフクロウ、象そしてヒョウやライオン等も観察可能です。

昼間のサファリとは一味違った、野生動物の世界を垣間見る
事が出来るでしょう。

写真は昼間も見掛ける事が出来るウサギですが、夜間にも
活発に動いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です