ラマダン時刻計算ツール


https://www.facebook.com/index.php

ラマダン(断食月)が7月20日から開始されていますが、観光客へ
の影響は国によって異なるでしょう・・・。

そんな中、18日付けで発表された記事によりますと、アラブ首長国
連邦のエミレーツ航空(EK)は、ラマダン時刻算定ツールを独自で
開発し、飛行中でも断食の時刻が正確に算定出来るとしました。

時刻算定ツールは、イムサク(断食開始)とイフタール(断食明け)
の時刻を正確に算定出来るもので、EKによると業界初の試み。

EK全便に搭載し、飛行地点の経緯度と高度を計測し、飛行中でも
高精度で正確なラマダン時間を算出可能だそうです。

又断食を行う乗客向けの特別機内食を開発し、断食終了直前の
時刻にドバイを出発する便の乗客には、搭乗ゲートで小さなスナック
・ボックスを、機内で断食を終える乗客には大きなミール・ボックス
を配るそうです。

全クラスでほぼ同様のメニュー提供だそうです。

イスラム圏の方々にとってはかなり細やかなサービスですね。

エミレーツ航空は日本でも関西空港就航の際は、かなり期待度・
満足度が高く、注目の的でしたが、最近は同じアラブ圏の航空会社
がカタール(QR)、エティハド(EY)等が3社皆同じような時間帯で飛行
しているので、微妙な料金差やサービスの感じ方等の好みで選択
されるでしょう。

又最近は、大韓航空(KE)がケニア、ナイロビ線を破格値で販売
しており、安い事に越した事はないでしょう。

14日から、各言う私目も大韓航空でケニアへ参ります。久々の
ケニア・サファリです。

23日までその間は、こちらのブログも申し訳けないですが、お休み
させて頂きます。

帰国後の目欲しい報告を是非、お楽しみにして下さい・・・。

写真はエミレーツ航空の客室乗務員の服装。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です