恐怖の中で死んだバッタ


https://www.facebook.com/index.php

ちょっと昔になりますが、興味深い記事を見付けました。

恐怖の中で死んだバッタは、土壌に悪影響を及ぼすという
研究論文がサイエンスに発表されたと有りました。

何でも、恐怖を与えられたバッタの体の窒素に対する炭素の
割合が、安らかに死んだバッタと比べて、4%増加している事
を発見したとの事です。

しかし、その実験方法もちょっと面白く感じてしまいましたが、
このわずかな違いが原因で、恐怖を感じたバッタの死骸を
入れた土壌では、落ち葉など植物性有機物の分解速度が
大幅に遅くなる事が確認されたそうです。 

干ばつや酷暑によるストレスでも恐怖と同様の効果が生まれ、
土壌成分が変化して、農作物の収量や植物の成長サイクル
に永続的な影響を与える可能性があると指摘しているそうです。

コスタリカでは食用昆虫の開発に力を入れているとか、又
アフリカでは良く食されているので、その内有名レストランで
ガーリック風味のバッタや、幼虫の串焼きが供される日が
近づいているのかもしれないですね・・・。

写真は正にその中南米で食されている蟻(お尻部分)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です