ケニア安全の手引き


https://www.facebook.com/index.php

2012年4月改定の在ケニア日本国大使館発表の”ケニア安全の
手引き
”が公表されています。

昨今強盗事件や爆破事件更には誘拐事件と、近隣国ソマリア等
の難民や米軍に協力している軍への反感からか、やたらと不穏
な事件が起きていますが、市民は至って慣れたもの(?)余り不協
和音は聞こえて来ません。

不謹慎ですが、内容で面白かったのは、住宅の選定の項目で
取り上げられている項目には、家の周辺にキオスクが無い事、
表通りからそれほど離れていない事が挙げられています。

多少日本とは異なった観点が選定基準になっているように感じ
られましたが・・・、如何でしょうか?

後参考になるのは各地の腫瘍警察の電話番号一覧と主要病院
一覧が記述されています。

これからケニアに個人で行かれる方、ある程度長期に渡り滞在
される方は是非参考にされたら如何でしょうか?

写真はリフト・バレー、ムタイガでの看板。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です