ムコマズィに黒サイ2頭


https://www.facebook.com/index.php

タンザニア北部、ケニアのツアボ国立公園と国境を接するムコマズィ
国立公園に、再度、2頭の黒サイが6月19日英国から移送されました。

ムコマズィは英国の過日結婚したウイリアム王子がケニアの北部、
レワ国立公園と同様、野生動物の保護活動にあたっている公園。

ジョージ・アダムソンの意思を継いだ組織が援助しています。

今年に入っても密猟で2頭が殺され、人慣れしている動物の方が
どうしても密猟に合いやすいような・・・。そして移送とイタチごっこ
のような・・・。

人間の力で保護する事が果たして良いのか?保護の仕方に問題
がないのか、後の時代に結論が出るでしょう・・・。

しかし神経質で臆病なサイが、あの大きな体躯・頑丈な格好をして
いるために、怖い・強烈なイメージがあるのでしょう。

個人的な話ですが、小さい頃良く空を飛んでいる夢やサイに追っ
掛けられる夢を見ました。夢判断が知りたいところです。

写真は英国のウイリアム王子と保護されている黒サイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です