ナイロビのホテル


https://www.facebook.com/index.php

昔ナイロビに暫し遊学していたので、ナイロビのホテルはある程度
は覚えていますが、最近は高層ビルが立ち並び、又、新しいホテル
も幾つか建ったようで、突然町中で放リ出されたら、迷子になりそう
です。

しかし、スワヒリ語の学舎があった場所に程近かったフェアビュー・
ホテルは、今やかなりの人気ですね。学者など長期滞在者が結構
安価で静かで安心でと利用していた知る人ぞ知るの小さな田舎の
アット・フォームなホテルでしたが、今は1泊泊りの観光客ですら
利用する立派なホテルとなってしまいました。

それこそ以前は、毎朝1cm位のパイナップル1cmの輪切りとお茶と
パンやジャムだけだったメニューも、今やパンケーキに美味しそうな
ソーセージまでサービスされています。

それでも数少なく、美味しいケーキを出してくれたホテルの一つで
午後のお茶の時間にはそれを楽しみに良く訪問していました。

ただ今もってナイロビで不便なのは、町中で気軽に安心して利用
出来る安全なホテルが少ない事。

植民地時代に出来たスタンレーやノーフォーク、パンナフリックとか
まだまだ幾つかありますが、それぞれ一長一短です。

ツアー客とビジネスマン、そして安宿利用宿泊者とでは大分、選択
条件も異なって来るでしょうが、一番は清潔でスタッフが気持ち良い
サービスを実施出来る、レストランがあり、何かの場合には地の利
が良いとなると、中々難しいです。

又乗り継ぎでちょっと空港待機時間が長い場合に身体を休める事
の出来るトランジット・ホテルもないのは不便ですね・・・。

もっともタンザニアのダルエスサラームは町が大きいのでもっと
不便だと思います・・・。

写真はかってのフェアビュー・ホテルですが、その後全面の道路
からもっとも高台で奥に入り、今では珍しい鳥達が訪れる美しい
庭園の中に佇む素敵なホテルの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です