ンゴロンゴロの楽しみ


https://www.facebook.com/index.php

最近、タンザニアでのサファリではマニャラ湖は敢えて寄っていま
せん。
過去大雨の影響で湖がすっかり荒れてしまい、動物達も暫く戻って
来なかった時代がありました。それ以来ずっと止めています。

以前から動物的にはセレンゲティとかンゴロンゴロとかと比較して
も、余り面白みがなかったので、これは特に行かなくてもと削除
している次第です。

勿論、アルーシャからンゴロンゴロ、セレンゲティへは空路以外、
陸路では1本道なので、マニャラ湖も遠くから見れますし、ビュー・
ポイント地点も通りますので、特に弊害はないでしょう。

それより、ンゴロンゴロやタランギレやセレンゲティの方がもっと
重要に思えますので、マニャラ湖の日数を各地の宿泊数を増やす
方向で計画した方がより楽しいでしょう。

実際、ンゴロンゴロ・クレーターは小さい面積(直径平均16~19km)
なので、車で半日でもかなりサファリが楽しめます。此処での見所
は黒サイなので、彼らが気温が暖かくなって、草丈の低い低地に
姿を現す時間帯にサファリが出来るような日程なら万々歳ですね。

と言う事で、終日サファリを組める日程なら非常にグッドです。

やっぱり半日では見れなかった時に心残りですから・・・。

写真は余りにも酷いですが、再度この痛みを感じて頂きたく・・・。
後を絶たない密猟の犠牲になったサイです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です