ボツワナ・サファリでの興奮その8 ーサファリー


https://www.facebook.com/index.php

初日からバッチリとリカオンが見れたので、その翌日も狩りのシーン
をと欲張りましたが、2日目は1日中探しまわってもブランチの時間
を無視して、BOXを別車で運んで貰って続行しましたが、足跡のみ
でした。追跡は完全に失敗でした。

そして3日目やっと見付けました。初日に出会った11頭の他に一昨
年に生まれた9頭が一緒でした。
リカオンは午前・午後と1日2回に渡り狩りをするとの事で期待しま
したが、前日の狩りが成功したのか、お腹一杯の様子で、残念で
した。

次にチーターの雄3兄弟、生後約6~7年の彼らはいつも一緒!
死ぬまで一緒に過ごすそうです。東部なら狩りが出来るようになる
と独り立ちして雌を探しに出掛けるのに・・・。やはり棲息環境が異
なると、こんなにも生き方が違うものなのでしょうか?!

その内の1頭が、数週間前から元気がなく、毛色の色艶も悪く、
こめかみ部分が薄くなっているとドライバーが言います。名前
まで付いていましたが・・・。

以前取り上げた、チーターやネコ科に流行っているという細菌性
の病気で、最悪は脳に移行し、死に至るという病気でない事を
祈ります。

写真は、休んでいる時は常に兄弟で舐め合って親密度を高めて
いる?! というか、かなり右側の雄がしつこく積極的に舐めてました。
病気気味の雄はいつもちょっと離れていてウトウトと寝ってばかり
でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です