ハゲワシの類


https://www.facebook.com/index.php

大体、肉食獣に食われてしまった屍にはハゲワシの大群が群がっ
ています。

そんな場面を見ると凄いな~と暫しは見ていますが、殆ど何も追求
せず、その場を去る事が多いのではないでしょうか?

最近は見られるハゲワシ(ハゲタカではない!)の数が減った事。
又、何回覚えてもやっぱり判別が付け難いのは、鳥類全て(ハゲ
ワシばかりでなく ! )ですが、幼鳥、若鳥、その雌雄と成鳥と、とても
識別が難しいです。

でもハゲワシなら、東部アフリカでなら結構いけますよ~。

先ず、一番巨大なヌビアン(現在は耳ヒダ)・ハゲワシですね。こちら
は雌雄の区別が付けば割りと楽に判別が付くでしょう。

次に腰白ハゲワシ、斑白襟ハゲワシ、頭巾ハゲワシ、白頭ハゲワシ、
エジプト・ハゲワシ、髭ワシでしょうか。

もう白頭ハゲワシ以降の種類はめったにお目にかかれません。

もっとも、彼らは獲物を食する順番があるので、そこまでじっくり見て
いないというこちら側の所作も原因でしょう。

餌の食べ方ですが、先ず腰白が皮を食べます。勿論それだけでは
終わらないでしょうが、彼らの嘴に特色が有り、鉤爪の様にひっかけ
て、しっかり硬い皮でも引き割いて食べれるようになっています。

次にヌビアンが内蔵を食し、白頭が筋肉を頭巾が骨を、エジプトが
小骨等をと食べ分けているそうです。見事ですね。

彼らが順番を争って皆が同じような部分を食べているのかと思いきや、
こんなきちんと食べ分けが出来ているなら、そこまで喧嘩しなくても
良いのではと思ってしまいます・・・。

彼らの喧嘩っぷりは、シューシューという音といい、動画をお見せ
したい位、大きな羽根を広げて威嚇して、迫力たっぷりですよね。

写真はその一番の大型のハゲワシ、ヌビアン(耳ヒダ)の若雌です。
(嘴の先にご注意!)でももう餌は一見すると骨ばかりのようですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハゲワシの類


https://www.facebook.com/index.php

大体、肉食獣に食われてしまった屍にはハゲワシの大群が群がっ
ています。

そんな場面を見ると凄いな~と暫しは見ていますが、殆ど何も追求
せず、その場を去る事が多いのではないでしょうか?

最近は見られるハゲワシ(ハゲタカではない!)の数が減った事。
又、何回覚えてもやっぱり判別が付け難いのは、鳥類全て(ハゲ
ワシばかりでなく ! )ですが、幼鳥、若鳥、その雌雄と成鳥と、とても
識別が難しいです。

でもハゲワシなら、東部アフリカでなら結構いけますよ~。

先ず、一番巨大なヌビアン(現在は耳ヒダ)・ハゲワシですね。こちら
は雌雄の区別が付けば割りと楽に判別が付くでしょう。

次に腰白ハゲワシ、斑白襟ハゲワシ、頭巾ハゲワシ、白頭ハゲワシ、
エジプト・ハゲワシ、髭ワシでしょうか。

もう白頭ハゲワシ以降の種類はめったにお目にかかれません。

もっとも、彼らは獲物を食する順番があるので、そこまでじっくり見て
いないというこちら側の所作も原因でしょう。

餌の食べ方ですが、先ず腰白が皮を食べます。勿論それだけでは
終わらないでしょうが、彼らの嘴に特色が有り、鉤爪の様にひっかけ
て、しっかり硬い皮でも引き割いて食べれるようになっています。

次にヌビアンが内蔵を食し、白頭が筋肉を頭巾が骨を、エジプトが
小骨等をと食べ分けているそうです。見事ですね。

彼らが順番を争って皆が同じような部分を食べているのかと思いきや、
こんなきちんと食べ分けが出来ているなら、そこまで喧嘩しなくても
良いのではと思ってしまいます・・・。

彼らの喧嘩っぷりは、シューシューという音といい、動画をお見せ
したい位、大きな羽根を広げて威嚇して、迫力たっぷりですよね。

写真はその一番の大型のハゲワシ、ヌビアン(耳ヒダ)の若雌です。
(嘴の先にご注意!)でももう餌は一見すると骨ばかりのようですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です