ケニアの情勢


https://www.facebook.com/index.php

又ぞろ夏の観光ベスト・シーズン前にケニアでの治安問題が取り上げ
られていますね。

ケニアは所謂、部族問題が東部アフリカの他国から比較しても活発か
とは思いますが、今やソマリア問題やイスラム教の問題と相俟って、
ナイロビの街中でも爆弾騒ぎが起きているようです。

最も日常茶飯事に起きている訳ではなく、現地で生活している人々も
通常の生活をしていますので、極端に危ないと言う訳ではないです。

それより看護関係者のリストラ問題で25,000人もカットしてしまったと
先日のニュース記事が出ていたように思いましたが、こちらの方が
かなり大きな社会問題かと思いますが、その後余り表面に出て来ない
のは、何故なのでしょうか・・・?

今2月もケニアでもタンザニア訪問時、しょっちゅう道路での検問があり
ました。最も観光客はある意味優遇されていますので、殆どがその
まま通過させて貰えますが、一般車はかなり念入りに荷物等をチェック
されていると思います。

日本は海に囲まれた国ですので、余りこの陸路からの脅威は感じられ
ませんが、陸続きとはこう言った危険もあるのですね。

写真は1989年だったかセレンゲティの西部のイコマ・ゲートへ行った
初めて知ったチャイニーズ・ランタンと言う可憐な植物!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です