タンザニア・セレンゲティ国立公園から戻りました


https://www.facebook.com/index.php

お久し振りです。

例年の”究極のタンザニア・サファリ14日間”の添乗から無事戻り
ました。

今回は2008年の異常に寒かった年とは異なり、かなり暑く乾燥して
埃っぽく、日中は動物も人間もきつい天候条件でした。

2009年のように、あちこちで見られたヌーの出産シーンは今年も
観察来ませんでしたが、若いしまうまの初産で苦しむシーンに2回も
出食わしました。

悲しいシーンで強烈に印象に残ってしまって、いつも思い出すのは
この事ばかりなので、余り楽しくない事柄なのですが、一番先に
お知らせさせて下さい。

そのしまうまの出産は2頭とも結果、仔供は体内で既に死んでおり、
自ら仔供が動いて生まれ落ちる事がないため、そのまま苦しみながら
母親も死に至った悲惨で可哀想な場面でした。余り写真は掲載したく
ないのですが、泥に嵌ったしまうまの末路も有り、2010年のンドゥトゥ
で沢山ヌーが嵌っていたシーンを此処、セレンゲティの水堪りでしまうま
の様を見る事になりました。

追って、少ないながらも特筆すべき事柄を掲載していきたいと思い
ます。

写真は先のしまうまが長い時間出産に苦しみ、後肢の神経が麻痺
してしまったのか、立てないで、どうしても尻餅を付く形になって
しまっています・・・。
すぐ側には群れの仲間(姉妹?母親?)が1頭、他の動物が近寄って
来ないように、耐えず監視を続け、追い払う健気な姿が・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タンザニア・セレンゲティ国立公園から戻りました


https://www.facebook.com/index.php

お久し振りです。

例年の”究極のタンザニア・サファリ14日間”の添乗から無事戻り
ました。

今回は2008年の異常に寒かった年とは異なり、かなり暑く乾燥して
埃っぽく、日中は動物も人間もきつい天候条件でした。

2009年のように、あちこちで見られたヌーの出産シーンは今年も
観察来ませんでしたが、若いしまうまの初産で苦しむシーンに2回も
出食わしました。

悲しいシーンで強烈に印象に残ってしまって、いつも思い出すのは
この事ばかりなので、余り楽しくない事柄なのですが、一番先に
お知らせさせて下さい。

そのしまうまの出産は2頭とも結果、仔供は体内で既に死んでおり、
自ら仔供が動いて生まれ落ちる事がないため、そのまま苦しみながら
母親も死に至った悲惨で可哀想な場面でした。余り写真は掲載したく
ないのですが、泥に嵌ったしまうまの末路も有り、2010年のンドゥトゥ
で沢山ヌーが嵌っていたシーンを此処、セレンゲティの水堪りでしまうま
の様を見る事になりました。

追って、少ないながらも特筆すべき事柄を掲載していきたいと思い
ます。

写真は先のしまうまが長い時間出産に苦しみ、後肢の神経が麻痺
してしまったのか、立てないで、どうしても尻餅を付く形になって
しまっています・・・。
すぐ側には群れの仲間(姉妹?母親?)が1頭、他の動物が近寄って
来ないように、耐えず監視を続け、追い払う健気な姿が・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です