サファリの醍醐味


https://www.facebook.com/index.php

以前にもご旅行の日数が短期間しか取れない方は、1ヶ所滞在型
がお勧めと説明させて頂きましたが、例え長期であっても、数カ所
滞在し、各場所で連泊というのは、体調も良く、サファリの成果も
かなり上がるものです。

このツアーは1ヶ所での滞在型とお話すると、じゃ~あれこれ見れ
ませんねと仰る方がいらっしゃいますが、とんでも有りません。

タンザニアの北部の有数の公園、ンゴロンゴロ・クレーターやセレ
ンゲティでも、又南部タンザニアの公園、ルアハでもセルーでも
草原地帯、潅木地帯、河川地帯、湖沼地帯(湖の大小、塩湖か否
かの違いこそあれ)と地形も変化に富み、生物層も動物・鳥・植物
と豊富で、それはアフリカならではの圧倒さを誇ります。

”ここは草原だから、ヌーしか見られない、鳥は見られません ” では
ないのです。

パンフレットやお電話での説明で良く見聞きするように、フラミンゴ
はナクル湖やナトロン湖だけ?ではないんです。

彼等の立ち寄り場所の有名所しか我々が知らないだけのようです。

ですので、あちこち沢山訪問先の数を増やしても、その特色を実際
覚えていないばかりでなく、ちょっと疲れたな~的なご旅行では、
何か詰まらないのではないでしょうか?

折角色んな目的をお持ちになって楽しみにご旅行にご出発され、
多額のお支払いと貴重なお休み日数を費やす訳です。

やっぱりご自分の気持ちを始めとして、何か元が取れる(変な言い方
ですが)方が良いですよね。例えばそれが単なる?心の癒しであった
としても・・・。

そんな訳で、決して周遊型が悪いと言っているのではなく、滞在型
の良さを欠点だと誤解しないで頂きたいなと感じている昨今です。

写真はンドゥトゥの川に集まったフラミンゴの群れ。あくまでも
この時期、ペリカンではありません! 勿論時期によっても鳥の種類
が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です