ンドゥトゥの昨今


https://www.facebook.com/index.php

さて先回の題名通り、ンドゥトゥとの出会いは、セレンゲティでの
宿泊先が全然取れなかった際に、現地で旅行代理店を経営して
いる方の知人(!)から紹介されたのがきっかけでした。

まだ国営会社が全部の権利、宿泊から車(ンゴロンゴロ・クレーター
での4輪駆動車に乗り換える権利、その当時は通常2輪駆動車
使用だった)からを全て牛耳っていた時代でしたので、私立の会社、
特に白人の個人経営の会社は珍しく、且つ、経営としては大変な
時代だったかと思います。

今でも顧客ファンの多いドライバーが独立して、自分の会社を設立
する事が多く見受けられますが、そんなに簡単な事ではなく、大抵
が数年後には再度、大手の会社に再就職しているようです。

ンドゥトゥが盛んに取り上げられるようになり、セレンゲティの
国立公園内では不足で且つ、新しいロッヂの建設が許されない
ですから、新しい宿泊先はこれ幸いとンドゥトゥ地区に建てられる
ようになりました。

ただ先にも書きましたが、雨季のンドゥトゥは尋常ではない程の
道路問題が生じますので、大いに宿泊の季節を限られます。

苦肉の策で、セレンゲティと謳ってツアーの宿泊先として雨季に
も設定しているのは大問題ですね(笑)。

又今のところロッヂ形式は少なく、モバイル・テント形式が多い
のでやはりこれも雨の影響を避けて移動可能にしている所以で
しょう。

セレンゲティのロボ地区でも、雨季には閉めている頑丈なロッヂ
が、その雨季には幾つも壊されてしまいますから、その補修費用
も大変のようです。

オフロードがここンドゥトゥではまだ許されるからと横暴な風習
が横行しないように注意し、貴重なこの地区を保護したいものです。

写真は2011年の10月のセレンゲティでのヌーの川渡りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です