今年のヌーの動き?


https://www.facebook.com/index.php

さていよいよ世界的に有名なヌーの集結がセレンゲティ南部で
見られ出したようです。

でも数年前に比較すると、その関連HPの数が圧倒的に減りました。

数年前までは現地の旅行社から公園紹介の頁等、沢山写真入りで
記事が掲載されていましたが、今年はまだ早い?のか、イエ昨年
も少なかったです。

その中でも、ンドゥトゥの某ロッヂが取り敢えず今年1月4日付け
で第一報を掲載しています。

日差しの強いこの日、ライオンとチーターがハンティングをして
いました。ヒョウは長く続く川沿いの土手にずっと居続けています。

ヌーやシマウマ達はウッドランドや草原の周囲に集結しています。

数日中にはンドゥトゥ地区は沢山の群れに囲まれるでしょう。

たったこれだけです。そんな~という感じです。この前の掲載は
2011年の2月中旬なので、時間が経ち過ぎて今年の2月としては、
余り参考にはなりませんが、その際の記事には、何とストライプド・
ハイエナと2頭の仔供を育てているカラカルの存在が書いてありました。

カラカルは見たいですが、残念ながら今まで1度も・・・。

その後もネット・サーフィンしていましたら、チーターをフレンドリィー
に見る方法
という頁がありました。

何の事はない、かなり常識的な事柄だけが以下のように列記されて
いました。

1.静かに近づく。直進はせずに、ジグザグに近づく。
2.近づく際に、母親と仔供の位置関係や狩りの邪魔にならないか
を双眼鏡等で観察しながら車を進める事。
3.獲物を見張っている彼等の側では、静かに動かずにいる事。
狩りが始まって、彼等が獲物を確実に捉えたら、車を動かす事。

リオカオンに関しても同じような注意事項が、列記されていました
ので是非ご参照下さい。

それと同時に、もし彼等を見付けたらとチーターの顔写真一覧表と
判別の仕方の写真はとても面白かったですが、非常に難しくて・・・。

彼等がちょっとでも動いたら、絶対分かりません。まだライオンや
ヒョウの方が簡単に思えます(汗)。

写真の彼(彼女?)は果たして、上記個体識別写真一覧に列記され
ている個体なのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です