最近ケニアのアンボセリ国立公園で


https://www.facebook.com/index.php

皆さんもご存知のように、大々的にアンボセリ公園でアルビノの象
の赤ちゃん誕生のニュース紹介がありました。

生後約2週間であんなに大きいんですね。如何に野生動物の成長
の度合いが早いか改めて認識させられます。

又ある読者の投稿では、可愛いから飼いたいとも・・・。

こういった愛護の感情だけでは、動物保護は難しいかもしれません
ね。

以前もホワイト・ライオンが絶滅しそうとの話題が出ましたが、彼等は
アルビノではないそうです。

懸命な保護活動で、少しづつ頭数が増えているとの明るいニュース
も最近ありました!

アルビノは遺伝子の突然変異ですから、人間でも勿論見られます
し、生命力が全般的に弱いそうです。ただ人の場合は最近は減って
いるようですね、余り見掛けなくなりました・・・。

元朝日新聞の記者だったかの著書に白人はアルビノから生まれた
強力な人種だそうで、それ故皮膚の弱さとか、髪の毛や眼の色等
に特色が残されているとか・・・。

希少価値の高い絶滅危惧種もさる事ながら、棲息しているその環境、
や公園等、ユネスコ認可の世界自然遺産でも過去危機にさらされた
遺産も以下ありました。

ンゴロンゴロ保全地域(タンザニア)1984年 – 1989年
イエローストーン国立公園(アメリカ合衆国)1995年 – 2003年
ガラパゴス諸島(エクアドル)2007年 – 2010年

世界遺産でなくてもその他にまだまだ沢山危機に瀕しているところ
があるようです。

科学が幾ら発達してもまだまだ彼等を復活させる事は困難です。

やっぱり人類はもっと責任感を持って将来に対処すべきなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です