サファリでの注意事項4


https://www.facebook.com/index.php

良くカメラを持って行くので、双眼鏡は持ちたくないと仰る方が
いらっしゃいますが、むしろそんなにカメラをお撮りにならない
なら、双眼鏡をお持ち頂く事は非常に有意義とお勧め致します。

何故ならやはりじっくり細部に渡って見る満足が得られるから
です。

慣れると双眼鏡の性能の良い物をどんどん追い求めたくなり
ます。

欲を言えば、最初は倍率が10倍で口径の大きい物40mm以上
だと明るくて被写体も良く観察出来ますのでお勧めです。

カメラに関しては私目より皆様の方が色々ご存知かと思います
ので、ここでは敢えて明記しません。

以前にも記したかも知れませんが、チーターの狩りの際、やはり
双眼鏡が必須ですが、かなり難易度は高いです。

先ずチーターを追う事を狙いますが、彼等は動きが早過ぎます。
且つ、急激にターンしたりして結構見失ってしまいます。

どれが犠牲になる獲物かきちんと判別している場合は、獲物側を
追うのも一手です。

獲物が分からない場合は、全体像で捕らえて、ハントした場合に
焦点を絞り、一気に確認でしょうか?

勿論言うは安くですが、慣れると思うままに操れるようになります。

余り軽く小型の物はお勧めではありません。むしろ少しずっしり
と重たい方が、手元が安定しブレも少なくなります。重たいから
長時間持てないのではとご心配になられる方もいらっしゃると
思いますが、大丈夫です!

近くで寝転んでいるライオンのヒゲの本数やチーターの肉球が
どうなってるか、とっても良く分かる事受け合いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です