続サファリ雑感


https://www.facebook.com/index.php

良くケニアや南部アフリカでは朝食前のサファリと夕方と完璧に
サファリ時間帯が決められています。確かに早朝は動物も気持ち
が良いのでしょう。気温が暑くなるとグッタリと木陰に休んでいる
事が多くなり、もっとアクティブな場面をと望む場合には早朝が
有効です。

ただ朝食前ですと、出発から朝食までの時間帯では、人の明視界
が6時から6時半以降なので9時前頃までに戻る事になると、それ
では完璧に短か過ぎます。

それだったら、早めに朝食を取り、6時半か7時前には出発して
昼食の12時半~14:00mまでに戻る方が、サファリ的にはとっても
有り難いです。

又夕方のサファリは、16時からと最近はタンザニアでも徹底され
そうです。残念です。曇天や日差しが弱い時は、そんな一辺倒で
なく、15時に出ても良いのでは??と思います。

ドライバーによってはそうだね、そうしようと言ってくれます。
が、殆んどのドライバーは、旅行会社在籍者もロッヂ在籍者も
嫌がります。

ま~彼等にとっては日常のお勤め、私達がかなりの高額を払って、
やっと取れた休暇で貴重な時間帯を目一杯楽しもうとしている事
に一々希望通り付き合ったら切りがないのでしょう。

世知辛くなりました。

それに付けても南部アフリカでは夕方サファリではお茶の時間だ
とか色々沢山食べ物・飲み物が出されて、朝食も結局はブランチ
になるので、早朝出発前のお茶とマフィンは助かるが、ブランチ
は朝食に毛が生えたような感じで、何か食材をケチられて、損した
気分になるロッヂもありました・・・。

昔気質のサファリ方式も無線やオフロードが不可能になった場所
が圧倒的で、彼等のかっての優秀な経験や勘が生かされない時代
になりつつあります。勿体無いです。

地球温暖化、動物の個体数減少等々、人類の所作が生み出す
悪影響も相俟って今後どうなるのでしょうか?ちょっと危惧します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です