最近の新しいセレンゲティ国立公園のロッヂ


https://www.facebook.com/index.php

タンザニア国内の公共道路も段々良くなり、公園内の看板設置
も弾み、ロッヂも今やボツワナを上回るような豪華版が出来、昔
ながらの東部アフリカのイメージで改たに久々のサファリへ出
向かれる方々にはこの差の大きさはびっくりされるでしょう。

又一気にロッヂの料金が跳ね上がり、どんどんアフリカだからの
イメージを払拭しています。

国立公園内にはもうロッヂは建てられないので今増えている豪華
版のロッヂは皆公園堺もしくはプライベート地区もしくは動物
保護区とされている地域に建っています。

目立つのはやはり南アフリカの息の掛かったロッヂです。代表的
なのはこのアサンジャ・アフリカ、セレンゲティ国立公園の南西
部にあるモル・コピエの近くに建てられました。

バッファロー・ラグジュアリー・キャンプ(写真右)はクレインズ・レン
ジャー・ポストから4kmの北東部ロボ地区です。

西部イコマ地域にはセレンゲティ・スィンバ(写真左)。これは
ケニアのマサイ・マラ国立保護区にもあるスィンバ・ロッヂ系列
とは別物ですね。スィンバとはご存知のようにスワヒリ語でライオン
です。あくまでもシンバではないのです・・・。

その他タランギレ国立公園でもバルーン・キャンプやチェム・チェム
等があります。これらの紹介は又次回に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です