コモン・ウォーターバック


https://www.facebook.com/index.php

今回はタランギレ国立公園で観たコモン・ウォーターバックです。
コモンと言うからには広範囲に棲息し、かなりの頻度で見られるか
と思いきや、結構デフォッサと言われるウォーターバックの方が目
に入るようです・・・。

コモンの方の特徴はお尻の部分は便座(!)状に白い紋様がありますが、
デフォッサはお尻全体が真っ白になっています。

K. e. defassa
全身の毛衣は赤褐色で、体毛の基部は灰白色。
額の毛衣は赤褐色で、眼の周囲に白い斑紋が入る。
臀部に白い斑紋が入るが、輪状にならない。
四肢背面の毛衣は黒褐色から黒で、四肢腹面の毛衣は白い。
耳介はやや長く、先端は尖る。
角長74-83cm

K. e. ellipsiprymnus(コモン)
全身の毛衣は灰褐色や黒褐色、灰黒色。
臀部に白い輪状の斑紋が入る。
角長50-100cm

彼らはウォーターと云うのに水辺だけにいるとは限りません。これ又
ブッシュにもいますし・・・。

ウォーターバックは個人的には一番ハンサムな動物と思いますが、
一説によると、レイヨウの中ではかなり肉が臭いらしく、それで肉食
獣の狩りの対象にはならないらしい!? なので余り俊敏には動か
ないって本当でしょうか?

一刻、ケニアのナイロビで野生動物の肉を食べさせると云う事で有名
だったお店も今は養殖?物しか出ませんし、タンザニアでもかっての
国営ロッヂでは、シマウマとかトピとかの肉が出たのも遠い昔の話
ですね。

写真はタランギレのコモン。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コモン・ウォーターバック


https://www.facebook.com/index.php

今回はタランギレ国立公園で観たコモン・ウォーターバックです。
コモンと言うからには広範囲に棲息し、かなりの頻度で見られるか
と思いきや、結構デフォッサと言われるウォーターバックの方が目
に入るようです・・・。

コモンの方の特徴はお尻の部分は便座(!)状に白い紋様がありますが、
デフォッサはお尻全体が真っ白になっています。

K. e. defassa
全身の毛衣は赤褐色で、体毛の基部は灰白色。
額の毛衣は赤褐色で、眼の周囲に白い斑紋が入る。
臀部に白い斑紋が入るが、輪状にならない。
四肢背面の毛衣は黒褐色から黒で、四肢腹面の毛衣は白い。
耳介はやや長く、先端は尖る。
角長74-83cm

K. e. ellipsiprymnus(コモン)
全身の毛衣は灰褐色や黒褐色、灰黒色。
臀部に白い輪状の斑紋が入る。
角長50-100cm

彼らはウォーターと云うのに水辺だけにいるとは限りません。これ又
ブッシュにもいますし・・・。

ウォーターバックは個人的には一番ハンサムな動物と思いますが、
一説によると、レイヨウの中ではかなり肉が臭いらしく、それで肉食
獣の狩りの対象にはならないらしい!? なので余り俊敏には動か
ないって本当でしょうか?

一刻、ケニアのナイロビで野生動物の肉を食べさせると云う事で有名
だったお店も今は養殖?物しか出ませんし、タンザニアでもかっての
国営ロッヂでは、シマウマとかトピとかの肉が出たのも遠い昔の話
ですね。

写真はタランギレのコモン。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です