ザンジバル島


http://www.facebook.com/index.php

ザンジバル島はアラブ文化が色濃く残り、タンザニア連合共和国の本体、
タンガニーカと合併したもう一方の歴史ある国(諸島)です。
(サンジバル島には他にペンバ島等も含まれます。)

ザンジバル島の中央部ストーン・タウンは、世界遺産にも指定され、かって
のアラブ風の家屋を改築して、近代的に改修した洒落たお店やホテルが
建ち並んでいます。

年末年始、特にクリスマス以降の滞在客は白人が多く、圧倒的にイタリア人
が多いです。もっともイタリア本国からチャーター機で直接ザンジバルに
乗り付けて来るので、人数が多いのは否めません。

日中はそれでなくてもかなり蒸し暑く、ブラブラ街中を散策した後はどうしても
カフェとかで一休みしたくなります。勿論クーラーが効いていなくても、ガー
デン式で美しい真っ赤な夕陽を見るための場所は満杯です。

海岸線に沿って幾つかの有名所では、東部アフリカでは珍しい、アイス・
コーヒーやアイス・ティーそしてアイス・クリームが早くからありました。

夕陽は綺麗で歴史やアラブ文化も面白いのですが、観光客用の物価は高く、
伊勢海老等もこの島より港町のダル・エス・サラームで食す方が、余程大きく
美味しく安かったリします。

街中の散策でちょっと辛くなるのは、奴隷貿易の際に使用した奴隷集積所跡
とかそのモニュメントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です