絶滅危惧種の再発見


今回は全く他のHPからのコピーですが、嬉しい半面、やはり危機感
に捕らわれる状況のニュースです。

小形のアンテロープ(レイヨウ)、アダースダイカー。
http://www.ultimateungulate.com/Artiodactyla/Cephalophus_adersi.html

棲息地は、タンザニアのザンジバル島と、ケニア南部のアラブコ・
ソコケ国立公園といわれていました。

森林の縮小等によって、20年前の5000頭から現在は1000頭まで
数を減らしており、国際自然保護連合(IUCN)では絶滅危惧IA類
(絶滅寸前)に指定されています。

最近、ケニア北東部の沿岸地帯にあるボニ・ドドリの森で行なわれた
調査ではこのダイカー以外にも稀少な動物達が次々に無事棲息
している事が発見されたそうな。。。

それでも”アダースダイカーが絶滅するか否かは、発見された個体群
が鍵を握っている。この孤立した森では今後も新種発見を期待出来
るが、活発な沿岸開発で破壊が急速に進んでいる。すぐにでも
何らかの手を打つ必要があるだろう”と、ロンドン動物学会(ZSL)
の主任保全生物学者ラジャン・アミン氏が見解を述べている。

マダガスカルや中南米ではまだまだ新種が発見されている。
アフリカやボルネオのように人間が侵食して手遅れにならないよう
に祈るばかりです。

ニュース・ソース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011080202&expand&source=gnews

写真が全然見当たりません、それ位稀少なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です