セロネラ・ワイルドライフ・ロッヂ


セレンゲティ国立公園の大代表ロッヂ、セロネラ・ワイルドライフ・ロッヂ
が圧倒的人気を誇る理由は、正に地の利が良いに尽きるでしょう。
全天候型の飛行場、ガソリンスタンド、公園管理事務所やビジターズ・
センター等兎に角、セレンゲティ国立公園の中心部に位置しています。

散々このロッヂの短所・欠点ばかりを書き上げてきましたが、サファリ
にはやはり欠かせません。名誉挽回のために今回は長所も明記して
おきます!

先ずロッヂの名前の由来ですが、この近辺で殺されたマサイの少年の
名前”SEROINET”であると、ロッヂの紹介文にありました。

海抜は1737mと意外に高く、朝・晩はそれこそセーターだけでは寒い時
があります。

部屋数は75部屋(内スイート・ルームを含む)、最大150人が収容出来ます。

特色はかってヒョウが棲んでいたとされる岩山を利用してラウンジを作って
いる事。最近ではこの岩山にアルタミラ洞窟のような動物の絵が書き
こまれていますが、階下のレセプションからここまで一気に階段を登って
来ると、結構息が切れます。
このラウンジにはTVと居心地の良い大型ソファーが設置されており、バー
と更に階下のプールに続いています。

長年プールに水がなかったのですが、最近は青く綺麗な水が満たされ、
木板で作られた360度見晴らせる、気持ちの良いビュー・ポイントにも
行けます。

経営が南アフリカ資本に移行してから、唯一素晴らしいと思ったのが
この満々と水の入ったプールとビュー・ポイントでしょうか。

早朝にはこのロッヂの水源に動物達が水を飲みに行き来し、太陽が昇り、
気球がゆらり飛んで行くのが此処ビュー・ポイントから望めます。

特にこのロッヂの近辺にはトピ(写真右)やインパラ、キリン等が敷地
の中に入って来て草を喰んでいます。ブラック・フェイスド・バーベット・
モンキーや木登りハイラックスも時にベランダで部屋の中を覗き込んで
います(戸締りにはご注意!)。

2010年でしたか、ヒョウが夜9時頃ハイラックスをプール・サイドで狩り
をしたそうです。確かにプールから地面に掛けて血痕が点々とありました・・・。

そんな野性味たっぷりのロッヂの中庭に、何故無用の長物とも思える
フェンスがあるのでしょうね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です