セレンゲティ国立公園の推移


まだ無線がなかった頃、自力で動物を探せるドライバーはやはり
注目度も指名度も高かったです。大物、特にヒョウやチーターの
場合は、その当時でも車が何台も連なって、道路渋滞を起こし
ました。

又行き交う車同士、ライトをパッシングして大物の時にはお互い
”まだいるよ~”と知らせ合う感じですが、たまに意地悪いドライ
バーが偽情報を流したり、挨拶もせず通り過ぎたりと様々でした。
(おっとりしたタンザニア人には珍しい!)

国立公園や保護区の規則には、どの動物には何m位車との距離
を保つ事、又その場では何分位しか留まる事を禁ず等明記されて
います。

最近は公園規則もかなり厳しくなり、以前はセレンゲティ国立公園
内でも中心部のセロネラ近辺80km範囲外は、動物を見付けたら、
車で動物に近寄って、見たり、カメラを撮ったりと云う事が許されて
いた夢のような時期がありました。

又公園内の場所にしても、昔はドライバーの隠語に近いような
公園内の場所を表す言葉(当然タンザニアではスワヒリ語)で
話されていました。ですので、その言葉の意味を知る事と場所の
結び付きを覚えないと、場所が何処だか理解出来ませんでした。
今は完全なる標識・看板があちこちに建てられ、四国程もある
広大な面積の公園が完璧にコントロールされていて、小気味が
良いです。

雨季の期間の道路はかなりひどい状態になりますが、朝通過して
お昼頃に又戻って来ると、ちゃんと補修がなされています。素晴
らしいです。

この状況は残念ながら、マサイ・マラでは見られません。何故
なのか不思議に思える程、ケニアのマサイ・マラ国立保護区内は
荒れています。それでもチーターやライオンが多いのは本当に
不思議です。

写真は先回のhuntingの続きです。huntingした雌ライオン6頭が
勢揃い。その後更に,ハネムー中の雌が雄と共に戻って来て騒乱
を起こします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

セレンゲティ国立公園の推移


まだ無線がなかった頃、自力で動物を探せるドライバーはやはり
注目度も指名度も高かったです。大物、特にヒョウやチーターの
場合は、その当時でも車が何台も連なって、道路渋滞を起こし
ました。

又行き交う車同士、ライトをパッシングして大物の時にはお互い
”まだいるよ~”と知らせ合う感じですが、たまに意地悪いドライ
バーが偽情報を流したり、挨拶もせず通り過ぎたりと様々でした。
(おっとりしたタンザニア人には珍しい!)

国立公園や保護区の規則には、どの動物には何m位車との距離
を保つ事、又その場では何分位しか留まる事を禁ず等明記されて
います。

最近は公園規則もかなり厳しくなり、以前はセレンゲティ国立公園
内でも中心部のセロネラ近辺80km範囲外は、動物を見付けたら、
車で動物に近寄って、見たり、カメラを撮ったりと云う事が許されて
いた夢のような時期がありました。

又公園内の場所にしても、昔はドライバーの隠語に近いような
公園内の場所を表す言葉(当然タンザニアではスワヒリ語)で
話されていました。ですので、その言葉の意味を知る事と場所の
結び付きを覚えないと、場所が何処だか理解出来ませんでした。
今は完全なる標識・看板があちこちに建てられ、四国程もある
広大な面積の公園が完璧にコントロールされていて、小気味が
良いです。

雨季の期間の道路はかなりひどい状態になりますが、朝通過して
お昼頃に又戻って来ると、ちゃんと補修がなされています。素晴
らしいです。

この状況は残念ながら、マサイ・マラでは見られません。何故
なのか不思議に思える程、ケニアのマサイ・マラ国立保護区内は
荒れています。それでもチーターやライオンが多いのは本当に
不思議です。

写真は先回のhuntingの続きです。huntingした雌ライオン6頭が
勢揃い。その後更に,ハネムー中の雌が雄と共に戻って来て騒乱
を起こします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。