イエローストーン国立公園報告第4弾


1920年代にイエローストーンから姿を消した狼ですが、1995年に
カナダから14頭、追って17頭の狼が順次導入された結果、現在の
幾つかのパックの繁栄振りを見るに至っているようです。それでも
著名なパックが丸事、飼い犬等の病気を移され消滅してしまって
いる現状は非常に残念です。

今回は車道を横切り、我々の車のすぐ側に寄って来たブラック・
テイル?の勇姿をくっきりと目に刻む事が出来ました。でも残念
ながら写真は・・・。
そしてチャートにない勇姿なので、まだ名前が不明です。

毎年狼チャートを現地会社から頂きますが、すでに2010年分も改訂
になり、2011年分がそろそろ公表されるようです。

しかし近くで見る狼はやはり幾ら肥えてるコヨーテとは言え全然
其の体躯は異なり、一見して狼と判別可能です。又黒狼は目が金色
で鋭く小さく見えます。灰色狼は白黒の目と見えますが、やはり
シベリアン・ハスキーと類似しています。

レッド・フォックスも太って丸々していますが、耳先と足先が黒色
のグラデーションとなっており、得も言われる美しさです。
こちらは残念ながら写真がありませんが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です